紅茶 入れ方 ティーパック

スポンサードリンク

紅茶のおいしい入れ方

【 おいしい紅茶を入れるために準備しておくもの 】


・新しい茶葉(リーフ)

・やかん

・ポット

・カップ

・スプーン


【 おいしい紅茶の入れ方 】


1.やかんに、くみたての水を多めに入れて、火にかけて沸騰させます。

水道水で充分です。ミネラルウォーター(硬水)は、紅茶の色を黒くさせてしまいますので避けましょう。


2.ポットとカップに湯を注いで温めておきましょう。


3.ポットに人数分の茶葉(リーフ)を入れます。

目安としては、ティースプーン1杯(3グラム程度)を1人分とします。

茶葉(リーフ)には葉の大きさが小さいものと大きいものがあります。葉の小さいものは中盛り、葉の大きいものは大盛りというふうに加減して下さい。

茶葉(リーフ)はストレートティー用とミルクティー用と使い分けることが大切です。ミルクティーの時は若干多目に使いましょう。


4.沸騰した湯(95℃以上)を人数分ポットに注ぎます。そしてすぐに蓋をして蒸らしましょう。

目安としては、1杯分160ml程度がよいでしょう。


5.茶葉(リーフ)が小さい場合は2分から3分ほど、茶葉(リーフ)が大きい場合は3分から5分ほど蒸らします。

ポットは冷やさないように、ティーマットなどをひいておくのもよいでしょう。


6.ポットの中をスプーンで軽く混ぜてから、濃さが均一になるように茶こしで茶がらをこしながら注ぎましょう。


これが基本的なおいしい紅茶の入れ方です。


水や茶葉の量、湯の温度、蒸らす時間などに気をつけて、自分好みの紅茶の淹れ方を見つけてくださいね。


大型ショッピングモールで検索できます。


  
  

おいしいティーパックでの紅茶の入れ方

ティーバックを使って紅茶を入れる時も、上記と同じようにポットにティーバッグを入れて

湯を注いで紅茶を入れると良いでしょう。


カップで直接紅茶を作るときは


1.カップをあらかじめ温めておきます。

2.カップに沸騰した湯(95℃以上)を注ぎます。

3.ティーパックをカップの縁から入れて、お皿でふたをして1分から2分ほど蒸らします。


お皿が無ければサランラップなどでふたをするのもよいでしょう。


ティーバックの箱やティーバッグについている紙などに蒸らす時間の目安が書いてある場合がありますので

確認してください。


4.時間が来たらティーパックをカップから引き上げます。


スポンサードリンク